スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瓶詰の地獄 夢野久作

先日読んだ筑摩 夢野久作全集 8 の方が好みの選出だった。
少女地獄が面白かったんだわ…。
ドグラ・マグラに再チャレンジするべきか。

瓶詰の地獄 (角川文庫)
スポンサーサイト

夢野久作全集 8

唐突に 8 だけなんだが、収録作の「少女地獄」3作が読みたかった。

「瓶詰地獄」は大昔に創元推理文庫版を読んで、定期的に読み直していたなぁ。
「ドグラ・マグラ」は角川文庫版挫折組みなんだが、再挑戦しようかと思うくらい面白かった。

続きを読む

かめくん 北野勇作

第22回日本SF大賞受賞作品。2001年、というわけで 00年代SF の旗手を務めた作品、というイメージあり。
13年目にやっと読んだ。

時代が反映される本は、その時代に読んだほう良かった。

続きを読む

テレヴィジョン・シティ 長野まゆみ

大好きでした。
テレヴィジョン・シティ

続きを読む

泣いたら死がくる 眉村卓

昭和52年出版の自動向けSFシリーズの1冊
泣いたら死がくる

続きを読む

わたしと小鳥とすずと 金子みすず

死後50年ほどたって、再発見、再評価された女性童謡/詩人の金子みすず の詩集
選者は矢崎節夫
金子みすず童謡集_わたしと小鳥とすずと

続きを読む

誰がこまどり殺したの 篠原一

当時、史上最年少(高校在学中)で新人賞とって文学界デビュー。。と言って殴りこみ状態だった作家
デビュー作は「壊音 KAI-ON」
それきり見ないので、一発屋かと思ってwiki を見たら盗作疑惑でてた・・
誰がこまどり殺したの1

続きを読む

親指Pの修行時代 松浦 理英子

出版当時、その奇抜な設定ゆえに話題になったから知っている人も多いかも。
親指Pの修行時代

続きを読む

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
国内小説の記事
→次
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。