スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マックスウェルの悪魔 都築卓司

とりあえずこのニュース
マックスウェルの悪魔
中央大学ニュース
世界初「情報をエネルギーへ変換することに成功」

続きを読む

スポンサーサイト

魔界医師メフィスト 夜怪公子 菊地秀行

菊地氏の蔵書、ラスト2冊。末弥 純氏の表紙イラストが妙に気合入ってる
夜怪公子1

続きを読む

不思議な少年 マーク・トウェイン

日本では「トム・ソーヤの冒険」「ハックルベリ・フィンの冒険」で著名な作家、マーク・トウェイン
例によって著名な上記2冊は未読

不思議な少年

図書館で借りて面白かったーと思っていた。

解説で改稿を重ね、幾パターンの原稿があると書かれていたが…



1994年に、この本は実は編集者により前後を書き加えられたもので、正式版と銘うって

『不思議な少年 第44号』が発売。

ことの顛末はwiki参照



結局それも正式版でもなかった訳だが、こちらが絶版になるかと思って購入

結局絶版にならなかったが。



内容は暗く、人間不信に満ち、幸せとは無知とし、人間の生命や尊厳を尊ぶことを悉く否定する。

途中、ラプラスの悪魔 的運命論も展開し、創造性や可能性さえも足蹴にする

神/支配者/政治家/雇い主に従属する精神(日本なら忠誠心というか)も嘲笑し、

最後はこの世の全てを夢、孤独の中にそうと知らずにただある、流浪の思惟と看破する。



傑作、と呼んでもよいのでは。

これだけ暗いのに、ストーリーは弾むように進むので、読みやすいから

ちょっとアレな気分になりたい時にはお勧めできる。




岩波文庫表紙の文言を抜粋

オーストリアの田舎に3人の少年がいた。ある日忽然と現れた美少年の巧みな語り口にのせられて3人は不思議な世界へ入りこむ。その美少年、名はサタンといった――。トウェイン(1835-1910)はアメリカの楽天主義を代表する作家だといわれているが、この作品は彼の全く別の一面、暗い人間不信とペシミズムに彩られ、奇妙に人を惹きつける。


マーク・トウェイン 『不思議な少年』 岩波文庫

SFの殿堂 遥かなる地平1 ロバート・シルヴァーバーグ編

堅い本が続いたので、我がホーム、SFに戻る。
人気のあるシリーズの外伝作品をオール書き下ろしで掲載、
各作品の文頭には作者本人からの作品解説付き、という大変豪華なアンソロジー
SFの殿堂_遥かなる地平1

続きを読む

サンダイバー デイヴィッド・ブリン

SFの殿堂 を読んで、知性化戦争に燃えたので


メインのストリーカーの話ではなく、第一作『スタータイド・ライジング』より200年前の時代設定

太陽に知的種族が棲息しているかもしれない。

人間の主族―パトロン・レース―かもしれない。

これを確認すべく、サンシップで太陽へと降りてゆく・・・

サンダイバー

こう書くと未知との遭遇のようだが、実際はSFサスペンスというか、犯人探しモノか?

最後にフロアに全員集めて状況を暴くとか、探偵モノかよ・・・(苦手)

初読時は興奮して、凄く面白い!と思ったが十年近くぶりに読み直したらあんまり楽しめなかった。。

おそらく、

この後の物語、ストリーカーのテイスト(逃亡SFもの)を暗に期待してしまったからか。


本作のタイトル『サンダイバー』は新世紀エヴァンゲリオン TV版第十話の「マグマダイバー」の元ネタらしい

タイトルだけだけど。

一時期エヴァのお陰でハヤカワの本が増刷されて歓喜wwしたのだが、

本作は残念ながら、今も入手困難。


SF好きになると、絶版との終わりなき戦いです。

原書に手を出すのはまだ出来ない。




デイヴィッド・ブリン 『サンダイバー』 ハヤカワ文庫
sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
2010年11月の記事
→次
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。