スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベガーズ・イン・スペイン ナンシー・クレス

轟沈した『アードマン連結体』をリベンジしよう、とおもって同じ作家から、多数の賞を受賞した表題作を含む五本に手をだしてみた。
表題作はヒューゴー賞、ネビュラ賞、スタージョン記念賞、アジモフ誌読者賞、SFクロニクル読者賞を受賞。

全7編の中篇集。

続きを読む

スポンサーサイト

ずっとお城で暮らしてる シャーリィ・ジャクスン

ツイッタしていて面白いと思うことの1つに、人様の好きな本や映画、マンガ、TVなどなどをお勧めされることがありますです。
自分では中々出会わない物語に出会えるありがたさよ。

そんな訳で、自分では手に取るのが難しそうなホラー小説を読みました。

続きを読む

CHAOS

TP 読み終わってすぐ↓
 (゚Д゚)?
Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

 (∵)


何 が 起 こ っ た の か と 思 っ た。

あらすじじゃなくて概要とぶっちゃけた感想。
CHAOS_02

続きを読む

都市と都市 チャイナ・ミエヴィル

続けてのチャイナ・ミエヴィル
裏表紙と解説が同じ本を紹介しているのか?ってくらい違ってわらた。

ジャンルSFだが中身は犯人さがしの警察小説。
都市と都市

続きを読む

ジェイクをさがして チャイナ・ミエヴィル

SFマガジン、2012年9月号の「この20人、この5作」でお名前すら把握していない作家さんが2名ほどいらっしゃったのね。
こりゃまずい、読もう。ということで。(もう一人はニール・ゲイマン)

関係ないけど、アメコミ小特集の「アメコの気恥ずかしさ」(だったかな)のコラムが大変興味深かった。
ジェイクをさがして

続きを読む

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
2012年08月の記事
→次
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。