スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地獄に堕ちた者 ディルヴィッシュ ロジャー・ゼラズニィ

こちらも神田古本祭りにて出版社ブースにて購入。
解説をパラ見して確認したはずなのだが、一番避けたかった「続編あり」ものだった…。
続編も絶版だ。図書館を探そうと思います。。

考えてみれば、ゼラズニィはサンリオSF文庫時代の作家なので、いわゆる名作でも軒並み絶版だわ。
「わが名はコンラッド」「伝道の書に捧げる薔薇」のみ既読。
真世界アンバーシリーズ読みたいです。(絶版)

いつも思うのだけど、創元社は FT を推理文庫にカテゴライズするのやめて、 FT 文庫作ればいいのにと思う。

続きを読む

スポンサーサイト

Robots in Disguise #3

Q. MtMtE TP2 が密林の大宇宙にもまれて現世界に現れません。どうすればよいでしょうか。
A. MtMtE がなければ RiD を読めばいいじゃない。

「母さん、ぼくのあのMtMtE、どこに行ったんでしょうね。」
次はアマゾンさん以外で買おうと思います。

issue3。MtMtE に比べると読みやすいけど、旧オンゴに比較すると読みづら。
語力を棚に上げてるのは重々承知。AHM や ation シリーズは読みやすかったな。。


関係ないけど、旧オンゴは宇宙編、SLシリーズはほぼすっ飛ばしていたので、ナイトビートが ZAP られていたことを最近知って凹みました。

RiD_3_01 このわちゃわちゃが好き

続きを読む

非Aの世界 A・E・ヴァン・ヴォークト

「宇宙船ビーグル号」が日本では一番有名(読まれている)なんですかね?
「スラン」「武器製造業者」のみ既読で、ともに大変に楽しめたので手にとってみた。

「スラン」は日本人が好きな要素であふれかえっていると思う。

続きを読む

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
2012年11月の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。