スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラーケン チャイナ・ミエヴィル

新しいミエヴィルー!と思って中身を確認せずに手にとった。(正しいファン行動)

読む前に裏の内容解説読んだら…
「現代ロンドン。自然史博物館から人気巨大ダイオウイカが水槽ごと消えた!第一発見者のキュレーター、ビリーの前に現れたのは 原理主義者およびセクト関連犯罪捜査班 という魔術担当刑事だった。」

と、いうわけで珍本だった。

続きを読む

スポンサーサイト
sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
2014年02月の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。