スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくたちは水爆実験に使われた マイケル・ハリス

(訳者あとがき)
核爆弾はまだ地球上に生まれて十年しか経っていなかった。不慣れなための失敗や予期せぬ出来事によって(あの「第五福竜丸」のときのように)大惨事が引きおこされるのではないか、失明するのではないか、あるいは放射線のために癌や白血病になるのではないかという不安が重くのしかかってくる。
奇妙な上官たちは少しも頼りにならず、男色家の軍医は関係をせまってくる。なんという島なのだろう、ここは。
(略)
『カッコーの巣の上で』も、脚本家ボー・ゴールドマンのこのエニウェトク島での一年の体験から生まれたものなのだ。


---

読む予定はなかったが、これ↑読んで読むことに。
 * この島 = マーシャル諸島。ビキニ、エニウェトク環礁。

続きを読む

スポンサーサイト

Transformers: Retribution #14 ~ 17

トランスフォーマーアメコミ邦訳の件、続報ないけど翻訳だけはあがってるそうですね。
作業進んでるのに案内できない理由なんて、そういくつもないだろう。。
良い方向に行くといいけど。

続きを読む

無伴奏ソナタ [新訳版] オースン・スコット・カード

旧訳は未読なので、初めての「無伴奏ソナタ」。

これで、最新刊の「道を視る少年」と新訳版「エンダーのゲーム」以外の日本刊行済みは読めたはず…。
雑誌のみ掲載の短編や、アンソロ本とか、未読なものも結構あるんですけどね。
「かわいい子」(SFマガジン2014年2月号掲載)は探そう。

カード好きなら迷わず買えよ、買えばわかるさ。だけど、アルヴィン・メーカーの件が頭をよぎって、
「続きモノ」なパスファインダーを手に取れない。

なじればいいと思うよ。

続きを読む

Transformers: Retribution #13 ~ 14

chap27 に入ったところでキリが良さそうなのでいったん停止。
そろそろ振り返らないと、読むの遅すぎて忘れる。


3月購入から 3 ヶ月で半分というスピード。
販促 TL に触発されて購入したが、当時密林で売り切れ。みんなもう読み終わったのだろうか…。
読むまでは…と思って検索もしていないけれど、感想あまりお見かけしないので、
己の解釈が海よりも深く心配。

続きを読む

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
2014年05月の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。