スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カフカ短編集 フランツ・カフカ

寓話集に続いて 短編集

本作は『変身』よりも良いと思う。後述の表紙文言がいうように、短編として単純に面白い


カフカ作品の中で好きなものをあげると、『掟の門』、『流刑地にて』、『夢』、『プロメテウス』と、

この本の掲載作品ばかり。

特に『掟の門』を初読時は中学生で、青臭いなりにエライ衝撃的だったと記憶

今読んでもなにか、心根のモヤっとしたところに触れて去っていく。

カフカ短篇集

『流刑地にて』はグロさが目立つが、同時に滑稽だ。

この滑稽さはあまりに世にあふれていて、見逃しがちだと思う。



『夢』と『プロメテウス』は、単純に私がまだ青い臭いだけな気。

『プロメテウス』は寓話集掲載の『使者』 に通ずると思う

そういえば、これも滑稽だな。



哀しみと不条理と混沌の中の滑稽さ。

やっぱりまたプラハに行きたい。




岩波文庫表紙の文言を抜粋

実存主義、ユダヤ教、精神分析――。カフカ(1883-1924)は様々な視点から論じられてきた。だが、意味を求めて解釈を急ぐ前に作品そのものに目を戻してみよう。難解とされるカフカの文学はなによりもまず、たぐい稀な想像力が生んだ読んで楽しい「現在のお伽噺」なのだ。語りの面白さを十二分にひきだした訳文でおくる短編集。20篇を収録。

フランツ・カフカ 『カフカ短編集』 岩波文庫
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。