スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルー・マスク 菊地 秀行

ずーっと菊地氏の本を読んできたが、そろそろ蔵書分は終了しそうだ。
ドラえもんのような安定感だな・・・ほんと・・・・
ブルー・マスク




秋せつらと屍刑四郎の初衝突モノ
色々読んでいるので、初衝突な気がしない。出版順では初邂逅なんだろうが。

途中の盛り上がりは上々、
しかし終わり方がイマイチというか、すっきりしないというか、あっけないというか。
この手の伝奇アクションモノの連載は余韻を出すのが難しいと分かってるが、
今回は特にしれっと終わってしまった印象。
おかげで全体的な読後感が「アレ?なんだっけ?」という感想。
ぶっちゃけ、そんな面白くなかった。

屍刑四郎は好きなキャラだが、他の主人公が強くて強烈なのでどうにも霞んでしまう
<凍らせ屋>シリーズを再開して欲しいが、難しそうだ。

ドクターは屍のことも好きだと思う。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。