スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闇の恋歌 菊地秀行

菊地氏の蔵書、ラスト1冊。。と思ったら、戸棚の奥からあと2シリーズ出てきた orz...
きせずして表紙が連続で男女ペア
闇の恋歌1




ドクターが金髪の気の強そうな女性に対し、せつらは黒髪の清楚な日本人
対極
闇の恋歌2

構想8年、オールスター出演の渾身の書き下ろし大長編!とオビにあり
確かに長編ではあるし、渾身なんだろーが・・・
どうもオールスター出演モノは出番にムリクリ感のある人もいて、しっくりこない
素直に出る必要のある人だけ出せば良いのに。

表紙折り返しにあるように、せつらの恋愛モノ
いかにもせつららしい愛情表現で、ほほえましいが、多少ぎこちないような・・・
でも酒盛りのあとに添い寝とか、夏の夢の一夜とか、本気でお似合いです。こそばゆい。

しかし、女性――美冬がとても出来杉くん、パーフェクト女性な設定な上に、
せつらに愛されたという設定からして最後どうなるか検討ついてしまう。

<僕>が惚れたが、惚れられたのは<私>だったとか、そこが泣ける

せつらの相手女性なら『魔界都市ブルース5 幽姫の章』の「女騎士の歌」が個人的には好みです。


魔界都市ブルース 闇の恋歌 (ノン・ノベル)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。