スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中性子星 ラリイ・ニーヴン

ラリイ・ニーヴン!
思い入れがありすぎて、個人的に墓まで持っていく名前

中性子星

どこかで読んだが、SFには黄金時期というものがあるらしい。年齢で11歳~12歳頃

いわく、この時期にSFを読んだか読まないか、がその後の人生をSFモノとして生きるか否かを決める。

この年齢にSFを読むと、その後はSFを偏見なく受け入れ、楽しむことが出来るが、

逆に読まないで過ごすと一生SFを――センス・オブ・ワンダーを――理解できないだろう、というもの



読んだ、読んだよ!まさしく中学1年生のとき!

読書好きの友人Sに薦められて読んだ人生初のSFが、ラリイ・ニーヴンの「無常の月」だ

友人Sは、何気に薦めた本で、一生をSFモンとして生きるしかない道に私を叩き込んだの、知らないだろうな...



そんな作家のノウンスペースシリーズ の中篇を集めたのが本作

科学的発想をエンターテイメントまで噛み砕き、面白く味付けする技量はさすが



そんな事より、個人的には改めてラリイ・ニーヴンは自分のSF的発想の原点作家だと思い知らされたわ

数年前に4000文字の超短編SFシナリオを書いたのだが、意図せずノリが一緒




ちなみに書いたシナリオは~

書く数日前に、土星の衛星タイタン にはメタンの雨が降っている事、惑星条件により常に同じ場所に雨が降る事、

の2点を知った (後者は別の星の可能大)ので、それを元に発想したストーリー↓

 タイタン土着の植物状の生物(イソギンチャクみたいなのを想定)の繁殖形態が、雌雄異性で、

 受精をメタン の雨という、長いサイクル(降雨、川の流れ、上昇気流、降雨)の中で繰り広げられ、

 これにより受精のチャンスと繁殖地の切り替えしていく、というのを、

 衛星軌道上のシャトルから科学者が観測しているっている話。



4000文字で詰め込みすぎ、というのはおいといて、なんつーかー....

本作の「恵まれざる者」「帝国の異物」的なんだよね。やれやれ。



ラリイ・ニーヴン 『中性子星』 ハヤカワ文庫
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。