スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日にとどく アーサー・C・クラーク

明日にとどく
御大の初期短編集

どれも"らしさ"を感じる巨視的なダイナミックスさと、基本的なオプティミズム(例外的な作品もあるが)、スパイスのような物悲しさ。

クラーク作品は長編でも短編でもモノによってかなり好みが分かれてしまう

が、どうやら「太陽系最期の日」「闇を行く」「エラー」が好きで、「目覚め」「呪い」「寄生虫」があんまり...な結論からして、私が御大になにを求めているのかは、分かるというもの。


いわく、科学への愛を持った肯定と、人間未来への楽観的な明るさだ



アーサー・C・クラーク 『明日にとどく』 ハヤカワ文庫
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。