スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? フィリップ・K・ディック

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?
言わずとしれた大傑作。映画『ブレードランナー 』の原作

久々に読んだらやっぱり面白いわぁ。1968年の作品だが、色あせないテーマ「人間と、非人間の違い」

ディックはそれを [共感] とした。

作中では機械による共感測定が行われている割に、

主人公のリック・デッカードは何度も第六感によってアンドロイドを見分けるのも、それを示していると思う



瞬時に理解しあう場の理解... 今なら空気読めるか読めないか、って事か

アンドロイド = KY .... こう書くとなんか凹む

新装丁版より絶対、旧装丁派 むしろハヤカワSFの中でも↑は秀逸な装丁だと思う


フィリップ・ケンドレッド・ディック 『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』 ハヤカワ文庫
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。