スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユービック フィリップ・K・ディック

ユービック
サスペンス調だが、やっぱりお得意の現実崩壊もの。うっかり解説を先に呼んでしまい半ネタバレで読み、

途中まではダレ気味だったが、中盤からの怒涛の展開は面白すぎる

でもオチはあまり好きじゃないなー。なんか火サス か60年代の映画...「冷凍凶獣の惨殺 」とか「金星怪人ゾンターの襲撃 」みたい

ってこの本は1969年の作品だったや



フィリップ・ケンドレッド・ディック 『ユービック』 ハヤカワ文庫



関係ないけど、「冷凍凶獣の惨殺」は面白いよ!かなりの上級者向けだけどね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。