スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ベスト・オブ・P・K・ディック フィリップ・K・ディック

サンリオ文庫! 子猫 で世界を席巻するサンリオがSF出版していた、そんな時期もありました....

当然絶版だが、ハヤカワから「時空飛行士へのささやかな贈物」と改題して再版済み

ザ・ベスト・オブ・P・K・ディック

やっぱり ディックって短編向きだと思う

初期作品が多くて破綻してたり、ベタだったり、オチがしょぼかったり、強引なガジェット出したりとアレだが。

その分、デッィクらしい現実や己への疑いの眼差しがゆるぎない

特に、巻末のディック自身により各短編へのコメントがそれを強く補完している

そんなテーマとは関係なければ「電気蟻」は面白い。コレで1969年 作だぜ。



ディックを数編読めば分かるが、何度も繰りかえし描かれるテーマについてディック自信が言及している。

(しかし、自分の著作によくよくコメントする奴だ)



以下、メモ

「わたしの最大のテーマ (中略) だれが人間であり、だれが人間の見かけをしている(人間になりすましている)だけなのか? (中略) わたしにとってこれ以上重要な疑問はほかにない。そして、その答はなかなか見つからない」

「わたしは人間なのか、それとも自分が人間だと信じこむようにプログラムされているだけなのか? (中略) それが重要なテーマなのは、いやおうなくわれわれにこんな問いかけをさせるからである。人間とはなにか? そして--人間でないとは?」

「わたしにとってこの作品は、人間とはなにかという疑問に対する初期の結論を述べたものある。(中略) 問題はあなたがどれほど親切であるかだ。この親切という性質が、わたしにとっては、われわれを岩や木切れや金属から区別しているものであり、それはわれわれがどんな姿になろうとも、どこへ行こうとも、どんなものになろうとも、永久に変わらない。わたしにとって"人間らしさ"とは自分の信条だ。」

 ※この作品 = 人間らしさ 1955年初出

   アンドロイドは電気羊の夢を見るか?  は 1966年初出 約10年後の細微な違いは面白い



フィリップ・ケンドレッド・ディック 『ザ・ベスト・オブ・P・K・ディック』 サンリオSF文庫
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。