スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スラン A・E・ヴァン・ヴォークト

スラン
古典SFの名作。日本ではこれの影響を受けた...もしくは派生作品の多いこと。

筆頭が竹宮恵子の「地球へ・・ 」だと思うが、これにいたっては主人公の名前ジョミーまで一緒

むこうは1977年作だが、こっちは1940年作だぜ。



天才的な能力を持った、幼年者の受難の物語が好きなんでドストライク

特にグラニーやジョアナと一対一で対決する序盤~中盤は心が躍る

中盤~後半はスピーディーな展開と、竹を割ったようなエンディングにすっきり

いつ誰が読んでも安心、安定の傑作


アルフレッド・エルトン・ヴァン・ヴォークト 『スラン』 ハヤカワ文庫
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。