スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呪われた村 ジョン・ウィンダム

呪われた村
映画「光る眼 」原作。二度映画化され、二度目の1995年作はゴールデンラズベリー賞 ノミネートという輝かしさ。

映画は未見だが、本作はとても地味で細かい心理描写や人間間の軋轢を描いてあり、

光る眼を持った子供との迫力の対決などなく、映画はまったくの別物か、さぞかし眠たい感じなんだろーなぁ



前述したが、とても地味。前半、出産されるまでの仔細な事件描写は先を読ませる力があるが、

後半、子供たちが何者であり、原題.... THE MIDWICH CUCKOOS(ミドウィッチ村のカッコウ)よろしく、

カッコウの生態 について触れたあたりから失速。

終わりにいたっては溢れんばかりのB級雰囲気を漂わせる



「トリフィド時代 」は面白いらしいので機会があったら読みたいが。。

こっち↑も映画(邦題「人類SOS 」)はB級テイストらしく、B級SF映画好きとしてはゼヒ見たい


ジョン・ウィンダム 『呪われた村』 ハヤカワ文庫
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。