スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鋼鉄都市 アイザック・アシモフ

鋼鉄都市
ロボット三原則を絡めたSFミステリ

日本はロボットとはなにかの定義づけがなされないまま、三原則だけが一人歩きしてる印象がある



 第一条. ロボットは人間に危害を加えてはならない。またその危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない

 第二条. ロボットは人間に与えられた命令に服従しなければならない。ただし、与えられた命令が第一条に反する場合はこの限りではない

 第三条. ロボットは第一条および第二条に反するおそれのない限り自己を守らなければならない



さくさく読めるバディモノ

アシモフ御大の小説はどれもサクっと読めて楽しく、根源的な楽天主義 が溢れていて楽しい

主人公ベイリの推理は何度目でもはぁ?感がぬぐえない強引さがあるが、推理は本作の醍醐味ではない



異種(ヘテロジニアス!)コンビによるミステリ → 映画「ヒドゥン 」を思い出す

ロボット、R・ダニールといい、ヒドゥンのロイド・ギャラガーといい、誠実!

いや、ロボットと異星人だから根源的には違うけど、人間(地球人)ではない、という点では一緒かと。



大原まり子 の「エイリアン刑事」(完結して…) でも言及されていたが、

結局のところ、人間と非人間(ナル・ヒューマン)を結びつけるものは誠実さに他ならない



アイザック・アシモフ 『鉄鋼都市』 ハヤカワ文庫
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。