スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虎よ!虎よ!(我が赴くは星の大海) アルフレッド・ベスター

虎よ!虎よ!_1
原題が「TIGER! TIGER!」と「Stars My Destination」(我が赴くは星の大海)の2種あるのか?

ハヤカワには「TIGER! TIGER!」とあるが、どうも「Stars My Destination」も正しい原題みたいだ



主人公ガリー・フォイルに全然共感できない・・・というか、むしろヒく

復讐譚自体がそんなに好きではない、というのもあるがフォイルがなーちょっとアレでなー

途中、ジズベラやオリヴィアに諭されるが、意に介さないフォイル

いや、あの・・・落ち着けよ。むしろ落ち着いた方がお前のやりたいこと出来るから!



途中、フォイルが口内にスイッチつけて、それを押すと高速で動ける、という設定が。

なんという加速装置



終盤、フォイルが時空間の束縛を離れて以降は「スター・レッド 」を思い出した

で、その描写シーンでの印刷がコレ↓
虎よ!虎よ!_2

虎よ!虎よ!_3

虎よ!虎よ!_4


新井素子 の「おしまいの日」でもこんなんあったなー
日本に色々な影響を与えた1作
正直、楽しく読めなかったけど


アルフレッド・ベスター 『虎よ!虎よ!』 ハヤカワ文庫
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。