スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アインシュタイン交点 サミュエル・R・ディレイニー

アインシュタイン交点
邦訳出版時、けっこう話題になった一作。むろんSF界隈という狭い世界でだが

で、

その流行にのって当時購入して読み、さっぱり分からん!と思った一作

今回も分かりませんでした・・・・



韻を踏むような小説や、二重意味、造語によるイメージ、似た発音の別単語の暗喩、

この手の作品は翻訳者の四苦八苦が読んでる最中に目に見えてきちゃって苦手

英語の絵本とか、ハンプティ・ダンプティとか



別の物語や人物を下敷きにしているところも垣間見えるが、

ホント・・・その手の知識がなくてすんません。



サミュエル・R. ディレイニー 『アインシュタイン交点』 ハヤカワ文庫
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。