スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀河ヒッチハイクガイド ダグラス・アダムス

銀河ヒッチハイク・ガイド
2005年に映画化 までされたイギリスの元・カルトSF

映画化までされて古典的傑作にまで分類されるのに、カルトはないだろ



映画見てから原作を買った派

なんで「さようなら、いままで魚をありがとう」のイメージが強い。あのオープニングは素晴らしい!

映画見てから読んで正解だった派

マグラシアの惑星製造工場の滅茶苦茶な壮大さや、クジラの短い人生、無限不可能性ドライブのいい加減さ

これらはビジュアルから入らないと分からなかったと思うわ

筆頭はマーヴィンの陰鬱さだね。かわいい、かわいいよマーヴィン! ○rz AAもかわいいよ



滅多に読むことのない種類のSFだったが、冒頭の1行目から魅了されてしまった

「星図にも載っていない辺鄙な宇宙のはるか奥地、銀河の西の渦状腕の地味な端っこに、なんのへんてつもない小さな黄色い太陽がある」



イギリス人くせぇぇww このちょっぴり自虐的で遠まわしな説明www

全編通して私のイメージするイギリス臭さが全面にでとる

ディープ・ソートの語りなんでモロ出しすぎ。覆面かぶっても「お前イギリスだろ」と言えそうだ

言い回し以外のスラップスティックっぷりも面白くて、ずっと半笑いで読んでた。



「宇宙の果てのレストラン」も映画化してくれないかなぁ。見てから読みたい



お茶と同情とソファをありがとう



ダグラス・アダムス 『銀河ヒッチハイクガイド』 河出文庫
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。