スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「民族浄化」を裁く 多谷千香子

旧ユーゴ国際刑事裁判所の法廷判事を務めた筆者の・・・・回顧録?
「民族浄化」を裁く



オビに「虐殺の真相」とあるが、そんなこっちゃないわな。

なんつーか・・・読み手側 = 私 にユーゴ紛争の知識がサッパリないのでついていけないし、
たいがいの日本人はそういうもんだ、というのを筆者も分かっていて、
説明フォローしてくれるのだが、その分「裁判」の部分が薄くなってしまってる。

「裁判」目当てに読み始めたので、かなり消化不良だった。


「民族浄化」を裁く―旧ユーゴ戦犯法廷の現場から (岩波新書 新赤版 (973))
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。