スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

All Hail Megatron #1 (TPB) その1

配送の都合で3巻だけ先に読んでから1巻読み。

アメリカのコミックを読んで、笑ったり、熱い展開に転げまわったり、キャラ萌えにもんどりうったり、カッコイイ!と叫んだり、ドン引いたりする日がくるとは思いませんでした。

どんだけ世界は広いの・・・。

アホい感想
ビルドロンは間違えている可能性大。
All_Hail_Megatron_1


#1:メガトロン様が楽しそうでなによりです
こんな楽しそうなメガ様見たことない、と思うぐらい楽しそう。最後の笑顔は何事か。
わーい!ビルドロン! コンストラクティコンとか言い辛いので、もうビルドロンでいいじゃない!
名前と外見を把握していないが。

ミックスマスター(?)が1コマ目から壁の建材に興味津々なのがかわいい。
スカベンジャーが旧ジェッツ(シーカー)を [FLYBOYS] だって!
やたら格好良く登場したスタスク、サンクラ、スカワ。やっぱりカラーリングはスカワが好きだ。
1話目からダメだしされるいつものスタスク。
サウンドウェーブが超カッコイイんですけど!
戦闘機にはりつくボンブシェルが超可愛いんですけど!
サンクラは空を飛んでいるのが似合う。
背後から撃たれそうなスカワが、ビークルからロボになるところが、アイドル立ちに見えて笑う。
とにかくメガ様回。

オォゥ・・・司令官…。
展開を知ってはいたが、やっぱりショボーン(´・ω・`)
プロールがスレートPCみたいなの持ってた。こういうもんってないのかと思っていたので新鮮。


#2:大きさの概念を捨てるんだ
音波、スカワ、アストロトレイン、フック?(ビルドロン)で陸軍に向かう。
メンツからして既にまとまりに欠ける感じが、実にディセップぽくて良い。
フックは地位が低いのか、スカワとアストロ兄貴にバカにされてる。
スカワとアストロ兄貴はノリがあうと思う。
フレンジー登場。ややこしいことに、紫(青)色のフレンジー orz 混乱。。。
人間相手にドリルぶちかまし。こえぇぇ。
そんなお子様の姿をバイザーに映すサウンドウェーブお父さん。血が飛び散っているです。微笑ましくないです。。
サウンドウェーブは初代のイメージより、カタコト喋りで冷酷なご様子。いいぞ、もっとやれ。
ビルドロンが合体したー! デバステーター(n'∀')η キタワァァァ!!!
明らかに・・・元よりでかすぎます・・・。
テンションあがるわーと、次のページめくったら、穴掘りはじめた。
吹いた。
なぜ、ビルドロンはこんなにも心を惹きつけるのか。建機かっこいいよ。


#3:理想の上司
ほぼ人間サイド回。人間サイドはだいたい想像通りの行動なので翻訳適当でも困らないのが楽。
夕焼けの空を飛んで戻るスタスク。
夕日を背にした姿は何事か、と思うほどのイメケンオーラ。オーラ。
メガ様とスタスクの会話は親子かっていう。
理想の上司っぷりをいかんなく発揮するメガ様。信念もってるところがいいです。
ほんと、なんなのこのTF・・・。(褒めている)


#4:オートボット祭り
ディセップに一節ぶるメガ様
 Nothing has been left standing. My decspticon brothers.
この台詞カッコイイ。しかしメガ様でなかったら助走をつけて殴るレベル。

ボッツキター!
いきなり口げんかしているプロールとアイアンハイド。
いまいちなにを言い合っているか分からない残念な英語力。
売り言葉に買い言葉的なノリは分かる。プロールって直情型?性格が硬そう。
全話を通じて、プロールは百面相なみの表情の豊かさ。かわいいのぅ。
プロール殴っちゃうアイアンハイドも充分、直情型だが。
止めに入るジャズのくだりで3巻のスポットライト:ジャズと微妙なつながりあり。
台詞からして副官との会話というより、友達っぽい感じ。
ジャズとプロールが一緒にいると、かさばりようがハンパない。

ホイルジャックとバンブルビー!!
ホイジャが話しているときだけ耳が光る。実写映画はなぜあのデザインなのかと。
滔々と装備品の説明してるのに、ビーに無言で制止されるw 軽くいなされてるw

 ビー「どんな正気のやつなら、そんな一瞬の援護要請の合図をまってるってんだよ」
 一瞬光る、援護要請のシグナル。
 クリフ「show time」

いたww 笑ったwww

きちんとアイアンハイドと対話するジャズ。アイアンハイドも態度が頑なじゃないよ。
ちょっと調べたらプロールって軍事戦略家? 戦略もなんもないボッツにいるのか、そんな・・・。
ジャズは仲間の潤滑油だね。
それでも、ボッツの憤りと、パラパラと仲間が割れていく予感が描かれていていい。

この巻で一番ボッツっぽいかもしれないアイアンハイドとクリフジャンパーの台詞。
アイアンハイドが間違ってホットロッドを殴ったシーン。
 クリフ「はやとっちたぜ」
 ハイド「暗かったんだよ、俺は――お前だって頭に銃つきつけてたろ!」
 クリフ「そう?」

凄く・・・コマが赤いです・・・。このクリフは血祭り発言をナチュラルに言いそう。
殴られても笑顔なロディ。いい人を通り越してちょっとアホっぽいですよ・・・。




この調子で思ったこと書いているとおわんないな。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。