スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

All Hail Megatron #1 (TPB) その2

#1~4の続き。

アホい感想。
翻訳は意訳。


#5:カップさまさま
カップチームきたー。
二人分からなかった…。スプリンガーとロードバスター。
パーセプター、細いっ!
しかしオプチームと比べて、なんとバランスのとれたチームか。
いきなり "MESS" とか・・・ジャズが怒ってるよ!いきなり険悪な雰囲気とか、どんだけ。
なんでこの嫌な雰囲気で嬉しそうなのクリフ。
スプリンガー!ジャズの胸を押すな!!ジャズ・・・この状況で試したって言うのはどうかと思うの。
死んでると思ってたオプを、あっさり死んでない設定に覆すカップの強引なありがたさよ・・・。


#6:群像劇おいしいです。
出だしの2Pでもんどりうつわーい!
ジャズいいなぁ。ジャズ好きだなぁ。
高圧的にジャズをカップ組にひきいれようとするカップ。ここでプロールがまたキメ顔で登場ww
"Jazz will make you proud, sir" とプロールが話している時のジャズの顔がいい。
バイザーしていても表情でてる。
 プロール「おれ、お前を助けに来たんだけど」
 ジャズ「あぁ」
 プロール「助かった?」
 ジャズ「サンクス」
 プロール「どういたしまして」

状況的に気の抜けた会話がないせいもあって、この会話が大変に可愛らしい。

いきなり内部分裂しているディセップ。メガ様とスタスクは毎度なのでなんも思わない。(酷い)
スカワとボンブシェルの会話は…ボンブシェルの方があたま良さそうですよ・・・orz
スカワとサンクラの会話で、なんかよく分からない点は2巻に回想があった。
スタスクが独立独歩なのに対し、スカワは構いたがり、サンクラは内向的だな。
意外にスカワがいないと、シーカーはまとまらない気がした。

マトリクスの長い説明がよく分からない。。要するに大事だから取り戻そうぜ!で済ました。
ボッツは二人で話す場所はベランダしかないのか。

ドリフトとパーセプターはなんでこんなに格好よく描かれるのか。。
一撃必殺のスナイパーなパーセプターは新鮮通り越して別人。ドリフトはカッコよすぎ。
"scary" を連呼するしゃべりが若干ウザいトラックス。
対して "That was cool" とどこまでもクリフまじクリフ。
パーセプターを見上げるアイアンハイドの隣りは誰? ラチェット風だが背中が赤いが他に該当者いないし・・・。

見開きページは、どの順番に読んでいいのか未だに迷う。
メガ様がempire構想をせっかく話すのに、いまいち重要な点が伝わってない感じのスタスク。
でも、こういう話を聞くのは、聞きだせるのはスタースクリームだけなんだろうな。



2巻に続くー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。