スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランスフォーマー EXODUS - エクソダス - 買った

プライム 2期放送延期と聞いて、カッとなって買った。反省はしていないし後悔もしていない。
「オフィシャルストーリー WAR FOR CYBERTRON」とあり、基本はゲームWFCの世界設定に準拠。

プライム26話でラチェットが話してくれた内容とほぼ一致(と聞いた)。TFWiki見てもそうっぽい。
メガ様とオライオンの邂逅、別れ、オプティマス・プライムの誕生、ディセプティコンの結成、戦争の始まり…。

しかし、パラっと見ただけでも、アルファートリン、センチネル、スタースクリーム、サウンドウェーブ、ショックウェーブ、ジャズ、サイドスワイプ、バンブルビー、プロール…とキャラ名がたくさん出てくるので、話は分かっていても楽しみだ。わーい!

ちゃんと感想書くつもりでいるけど、続きからパラ見感想。



280P程度の本が、39章に分かれているので少しづつ読むにはありがたい。
英語は見た感じ、アメコミより簡単な印象。どうせ辞書がいるんだから一緒だが。
邦訳SFをン十年と読み続けているが、原書SFは初。初がTFになるとはな…(遠い目)

オライオン・パックスとメガトロナスで始まるが、メガトロンへの名称変更はけっこう早い段階っぽい。
メガトロンとオライオンははじめ、データ通信で会話するんだが、それが
 OP:
 M:

と表記されている。オプティマス・プライムもOPなので、なんか混乱する。
このデータ通信がなにかを思い起こさせる…と思っていたが、思い出した。ニフティサーブだ。なぜか古臭い印象を受けた。

ここでのオライオン相手のメガ様の台詞がマジかっこいい。
"Now I am Megatron, and I will fight when and where and for what reasons I please."
(俺はメガトロンだ。いつでも、どこでも、どんな理由であっても俺の望みのために戦う)でOK?
プライムの "Megatron is commanded by no one!" とセットで恰好いいとしか言いようがない。
こんな暴言かますメガ様相手に、オライオンは "We should meet." とか天然発言もいいとこですよ…。

パラパラとページめくってたら目に入った台詞。
"Rumble, Frenzy, eject," Soundwave said.
脳内で完全政宗ボイス再生された。「ランブル、フレンジー、イジェー↑クト」
すげぇよ、政宗ボイス…。


ジャズがでているのが我が重要ポイント。
言い切った…。言い切ったよ!

すこしづつ訳して、ヘロヘロ感想のっける予定。自分を奮い立たせるためにEXODUSカテゴリ作った。
アメコミもあるし、消化が追いつかなくなってきたなぁ…。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。