スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランスフォーマー EXODUS - エクソダス - #5 ~ #6

読む時間がなぁぁぁい!

ディセプティコンも結成していない決起もしていないので、メガトロンではなくてメガトロナスと思ってしまう。読んでいても、感想を書いていても、メガトロナス変換していることが多い。


続きからアホ感想。翻訳は超訳。俺TF。
全力で短くしてるのに、キモいほど長文シャウト。



#5
・オライオン、ジャズ、メガトロン(メガトロナス)の3人
 トランスフォーマー関係がすごく…濃厚です…
・状況が分かり辛い。
 videolinkを通してメガとオラの初顔合わせ。
 オラの横でジャズが立ち会っているのだが、メガはそれを分かっているのか?
 オラとジャズはメガの問いかけに2人で話すが、メガは聞こえていないのか聞かせていないのか?
・この世界でもセンチネル・プライムはロクでもない設定っぽい。
 TFA、実写映画、アメコミといい…。
・メガもオラも、セイバートロン星が斜陽の時代を迎えているという共通認識
・メガは "librarian" 呼び。オラは "you"
 探り合あい試合、開始。
ケイオンのメガトロナス、アイアコンのオライオン。
 下層地区のメガトロナス、行政地区のオライオン。

 この違いが大きい。大きすぎる…。

「なぜメガトロナスの名前を?」この問いかけに対するメガの答えがなぁ(´・ω・`)
 メガトロナス = 13人の1人、フォールン とのこと。
 語力が追いついていないが…メガトロンはTF創世からの世界を否定している気。
 "世界の否定が楽園を生み、肯定が地獄を生む" メガトロナスの信条。(俺TF)
・仕事/生きる糧 と死に関して、ジャズとメガの指摘の違いが面白い。
 ジャズは librarian を「死を求められる仕事ではない」と言い、
 メガは…「判決し、引き受ける…さもなくば死ぬ」と言う。(ともに訳にかなり自信ない)
 メガトロンは為すことも為さぬことも、死に直結してる。闘技場でのお仕事ですしね。。
メガ様ww 台詞が尊大でいいですwwww
・ジャズの laugh と メガトロナスの laugh は同じものには思えない件。
"librarian" から、オライオンの名前を呼ぶ前にいきなり "We are friends" かよ。
 しかし、オラは冷静にメガを剣闘士、アジテーターとして見ているこの温度差。
 探りあい試合続行中。
「裏切り者は許さない」というメガ様発言を受けて、ジャズに「私は戦い方を学んだほうがいいかもしれないな」と笑うオライオンかわいい。なんだその余裕w
 そのあと、実際に学ぶのはいいんだが、イオンキャノンにエネルゴンブラスター、剣に斧…。
 完全に殺る気。さすが未来の司令官www
・オライオンの戦闘訓練に付き合うジャズ。
 訓練中に戦闘の高揚感に目覚めるオライオン…((゚Д゚;)))ガクブル
 ジャズとオライオン、友達2人で戦闘訓練して、オライオンが戦う楽しさに目覚めるとか。
 微笑まかわいいよ。
・良くも悪くもカースト制度が問題ってことに落ち着いた。
・仕事休んでメガに会いに行くオライオン。ちゃんと有給取得申請しました。


#6
・メガトロナスとオライオン祭り会場はこちらです。
・オライオン、はじめてのケイオン
・んー…オライオンは職業柄か、データ先行型。知識として知っていることを知恵は違うのです。
・バリケード、でたー!
 オライオンより小さい、ってわざわざ書かんでもいいです。
 メガさまに会いに行く扉の門番してた。リアルバリケード。
・ラグナッツ、でたー!
 門番その2。
 バリさんより頭いい風。というかバリさんがマジチンピラ。
・メガ様の "my frined" としてディセップにお披露目されるオライオン。
 若干テンション高めのメガに対してオライオンが「友達か…もはや慣れない言葉だ。今となってはジャズだけだ」と独白。
 今までのところ、オライオンのジャズ依存っぷりがハンパない。
メガ様の(猫をかぶった)デレっぷりが異様。
 天然のくせに行動力だけはあるオライオンがおしかけてきたー、出会ったー、デレたー くらいのスピード感。
・セイバートロン星に「学生」 "students" という過程があることに驚きを禁じえない。
 alt-form の、が、学校…?
・マッドサイエンティスト、ショックウェーブさんはみんなの健康管理も兼ねるよ!
 KOEEEEEEEEEEEEE!!!!!
・メガ様ご自身による、ご自宅紹介

・この時点で、武力解決を必要とは考えない、望まないオライオン。
 「アイアコンにいれば、そう思うかもな」とメガトロン。
 知り合い、面と向かい、名前を口にして、話をして、笑っても、一度も歩み寄ってはいない二人。
 世界の認識を共にしているだけ。
 あ、オラはメガに笑ってないや。
Orion "Every problem looks to you like it can be solved by fighting."
 Megatoron "And every problem looks to you like it can be solved by reading,"

 ブワァ(´;ω;`)ブワァ

・バリさんがオラにチンピラ絡みするが、メガ様は1回の台詞で「友達」を3回連呼で牽制。
 大切なことなので3回言いました。
 正直、ここはバリさんが可哀相だった…。
・「ケイオン市民は脳筋」メガ様談
 その脳筋発想を微妙に理解するオライオンまじコンボイ。
"So you are with me, librarian?"
 "I am with your ideas, They are my ideas as well."
 "Excellent,"

 you と your ideas なんですよ。そうですよ。
 食い違いを残しつつ、メガ様グルーピー(違)入りするオライオン。
 信用できないまま盟友となる、うわっつらのつきあいがむずがゆい。
 早く腹をわって殴りあうんだ! じゃなかったらずっと一緒にいろぉぉぉっ!!
・オライオン、ここで "Autobots" の名前を考案。
 はじめは、メガトロン(とオライオン)から生まれた潮流にたいする名前やったんや…。
"Come with me, librarian. Something is about to happen that you will want to see."
 良い〆台詞
・んー…メガ様はオライオンの名前を口にするが、オライオンを呼ぶときはまだ名前で呼んでいない気。
 ディセップの皆様には「我が友、オライオン・パックス」とか言うのに、オライオンに対しては friend, you, libralian としか呼んでいない気。



#6の面白さと緊張感、苦笑いっぷりは異常。
オライオンとメガトロン(まだメガトロナスと呼ぶ方がしっくりくる)が探りあいつつも、信条に恐ろしいまでに深い隔たりがあっても、それを互いにわかりつつも、それでも手を取るのがぁっぁぁぁぁ。
共感できるところと、反発しあうところが混じりあう具合が、大変に素晴らしい。
そして2人の立ち位置も考え方の違いも、目に見える破局だから悶々とする。
二度言うが、早く殴りあえ。じゃなかったら離れるな。


『EXODUS』楽しいけど、オプティマスとメガトロンの間に、これだけ密な過去話があると、ストーリー全体がウェットになってしまうのもまた寂しい。カラッとした初代殴り合いテイストも好きだ。
贅沢な悩みだ。

マルチユニバースって便利ねー。

Transformers: Exodus - The Official History of the War for Cybertron
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。