スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAXIMUM DINOBOTS

今回、謎だらけ…。語力の向上を切に求む。

人間の顔がコロコロ変わるので、同じ人なのかなんなのか分かり辛い。
基本話はダイナボット大暴れ!なだけで、ationシリーズの〆はあっさり気味。
でもデカい!強い!ってだけで惹きつけるんだから凄いわい。

地味にスポットライト:ショックウェーブと繋がっていたが、読まなくても大丈夫そうだ。
一時期無料公開していたのはなんだったんだろう…と今でも思う。

カッコイイイイイィィ!
Maximum_Dinobots_1

続きから毎度のアホ感想



■あらすじ覚書
・ダイノボット組
グリムロックとそのほかのダイノボットたちと(なぜか)別れて始まる。
(なぜか)グリムロックはウルトラマグナスから裏切りもの扱いされていて、(なぜか)スコルポノックにおいかけられていて、メガトロンは地球を支配下におこうとしているし、宇宙船スカイファイア(紛らわしい!)は地表に埋まってるし…。
 "How much worse can i get?"
 - これより悪いことなんてあるか?

追加 → 残りのダイノボットたちはスカイウォッチに捕まって操られた。スカイファイアの修理のメッセージを送ったらスカイウォッチに見つかり、HM技術と関係ないスペースブリッジ技術を(なぜか持ってる)スカイウォッチがグリムロックを強襲。あげく、郊外から街中に飛ばされるグリたん。さらに悪いことに、ダイノボット同士討ちさせられる…。
グリムロックの説得で元鞘に戻ったり、戻らなかったり、やっぱり戻ったりしてダイノボット集合。(なぜか)操られていたのはなくなっている。
・サンストリーカーとハンター、ホットロッド、ダイナボット組
(なぜか)手がかりを持っているハンターはサンストリーカーの頭本体があるスカイウォッチの基地に向かい、好機を待つ。
アイアンハイドとホイルジャック探索のはずが(なぜか)スカイウォッチのアジトを見つけているホットロッド。ダンテにつかまってリンチ。態度が悪くで移動させられた時に、見張りを倒し、基地の外へ。
基地から出てきたホットロッドを助け、基地に潜入するサンスト&ハンター。しかし、サンストは撃たれ、ハンターは一人残される。
ホットロッドは2人ではダメだと思い、宇宙広域にメッセージを送る。メッセージを受けて、スカイウォッチ基地を襲うダイノボット。応戦する無数のHMたち。
基地の中では、ハンターはHMのコントロールハブとなっているサンストリーカーの頭部を前に、涙し、そのメインケーブルを抜く。動きを止めるHMたち…。しかし、スコルポノック(ダンテ)は残り、スラージを撃ち倒す。
・ショックウェーブ
発掘されて、神経回路に24時間後に爆破する爆弾を埋め込まれて、スカイウォッチの基地にいた。解除コードとの取引条件は、時間内にスカイウォッチの目的を果たすこと。
しかし、約束は無視してサウンドウェーブを探すショックさん。情報参謀はコンドルとジャガーによって、ショックさんの元へ。
・全員揃って
スコルポノックに戦いを挑むショックさん。交渉を持ちかけ、爆破解除コードと引き換えにスコルポノックを逃す。この時、一緒にサウンドウェーブも復活。しかし、スラージを殺されたと思っているグリムロックと、ホットロッドは戦いを止めない。基地内のスコルポノックの頭本体のメインケーブルを切り裂くスワープ。
・大円団
ホットロッドのメッセージを受信してきたウルトラマグナス登場。3日後、サンストは治療中、HMとしてのハンターも元に戻り、ARK-32でまっていたジミー、ベティと再会。スラージは無事で、ダイノボットは仲良くスカイファイアの修理を始めていた。



毎回あらすじ覚書はいい加減だが、今回がっつり飛ばしたのにまだ長い。
「なぜか」を連呼してるが多少は作中で説明あり。ただ、解せない。

*訳はアクロバティック訳

グリムロックさん、歩いたりしっぽふったりするだけで、バンバン街が壊れていくwwww
ダイノボットはこまけぇことはいいんだよ!を地で行くよね…全員。
もしくは「そんな気がする」「やっぱりあっちがいい」的フィーリング全開行動。


ダンテの台詞だが、恰好いいと思ってしまった。くそぅ。
 "If I'd wanted you dead, you'd have long ago met your creater. This is just play."
- 俺が貴様の死を願えば、貴様は大昔の創造主さまに会えるんだ。今はただ祈るんだな。

しかしですね…マシネイション帝国ってなんなんすか…。
ショックウェーブさんの使い方、間違ってないっすか…。
暴れたダイナボットを停止させて国に認めてもらうって、入り口から間違ってないっすか…。
スカイウォッチは全体的に意味不明。

街中に飛ばされたグリたんの台詞
"The beast unleashed! A very public monster! Well, Fine, I'm happy to oblige!"
 - 解き放たれた野性! 超有名なモンスター! わぁお、凄い! やってやる!

かわいいwww 訳がわけわかんないけど、かわいいwwwwww ここはコマ絵も可愛いかった。
自分で自分を鼓舞するグリたんかわいいです。

死んだスラージを生き返らせそうとするグリたんの台詞
"Instead it's just another meaningless statistic in a miserable excuse for a life. Everything I've ever done has amounted to exactly nothing in the past, I've got by on bad attitude alone, but suddenly I find. it's just not enough."
 - 代わりに…それは生きるための惨めな口実で、意味のない数字だったんだ。俺が今までやってきたことは全部、なんでもなかったんだ。一人で横暴に振舞っていただけだ。だけど、いま分かった。それじゃだめなんだ。

ブワァ(´;ω;)ブワァ
自分で"band of brothers"とも言うグリたん。
この本は、ダイノボットの決裂と絆の再確認、仲間の再構築がメインともいえる状態で、ほとばしるパッションが熱い。
萌えキャラかと思ったグリたんはもの凄いナイスガイになったよ…。(でもグリたん呼び)

ダイノボットはプロトタイプもalt-formも恰好イイ。
特にダイノボット vs ショックウェーブ はすげーカッコ良かった。語彙少ないなぁ自分。
Maximum_Dinobots_6

"two birds with one stone"
一石二鳥、という四字熟語を話すサンストリーカーに違和感。
初代のナルシストっぷりから、勝手にアホの子だと思ってた。。すまんのぅ。
しかし、ationシリーズは HM = 見た目サンストリーカー な訳で絵面は結構アレだったな。。
腹から真っ二つなサニーとか…。サニーがなにをしたっていうんだ…。

"How much damage I could do to this insubstantial world in that time?"
 - その時が来るまでに、私はこの薄っぺらな世界をどれだけ壊せると思うかね?

ショックさんの捨て台詞があまりにテンプレでコレジャナイ臭がした。ショックさんに言われたら怖いけどな。
飛び立つショックウェーブが内股。チアガールみたいで笑った。
Maximum_Dinobots_3

ショックさんにステイシスロック(?)を解除され、ロボになったサウンドウェーブが"freedom!"と叫ぶのは微笑ましい。
売られたり子ども部屋で放置させられたり、相当な鬱積がたまってたんだろうな。
 <自由ダ!
サウンドウェーブがはしゃいでいるのは、妙にオモロイ。

悪いことばっかりでショボーン(´・ω・`)なグリたん。
スワープにプンってされてショボーン(´・ω・`)なグリたん。
Nick Roche氏の絵は表情があっていい。そして、スワープがツンツンデレツンだった件。
Maximum_Dinobots_2

ウルトラマグナスがやたらイケメン。
ウケたのが、スワープが「彼(ホットロッド)を助けにきたのか? …それとも、俺たち?」と聞くとこ。
なんで素直になれないのよ。。
Maximum_Dinobots_4

めでたしめでたし…でationシリーズもおわり。
ハンターが詫びながらサンストリーカーのメインケーブルを抜くところは、王道と言われようが、好きです。
アイちゃんはしれっと五体満足でいやがった。ホットロッドの努力はどこ行った。
Maximum_Dinobots_5
良い笑顔なベティの着ているTシャツについて。

ホイルジャックはいずこに…。
宇宙編はスルーすることにした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。