スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死の鳥 ハーラン・エリスン

4. つぎにあげる文章のうち、もっとも深い愛を表現しているものはどれか?
 A 知らない連中のところにおいていかないでくれ。
 B わたしはあなたを愛する。
 C 神は愛である。
 D 注射をうっておくれ。
世界SF大賞傑作選7

最近、SF感想文の方がこのブログで浮いている気がする。



ハーラン・エリスンは『世界の中心で愛を叫んだけもの』が有名すぎてどーしようもないですね。
今はハヤカワSFからの短編集1冊以外は手に入らないのではないかな。
非常にもったいない。

本作、『死の鳥』はSFマガジン掲載時に読んで、感動して泣いちゃったよ。本書を入手するまで、マガジンをコピーしてもってたわ。
内容は例によって「クスリでもやってんの?」という感じで、胸を打つようなシーンが続く。
文中の副読本が同氏の短編、『少年と犬』っぽくて、そこでウルっときて、冒頭の設問が出てきたところで脳内が真っ白になった。

誘導尋問的SF小説。

終始ペシミズムに彩られているうえに、最終行の献辞も、マーク・トウェインに捧ぐ となっているので、意図して書いているので間違いないかと。

『世界の中心で愛を叫んだけもの』でエリスンに興味持った人には読んでみてもらいたいなぁ。それで感想きいてみたい。
エリスンで一番好きな1作なのだけど、この本絶版で布教が難しい…。

この世界SF大賞傑作選でエリスンの収録作品は以下。
 ・「悔い改めよ、ハーレクィン!」とチクタクマンはいった
 ・おれには口がない、それでもおれは叫ぶ
 ・世界の中心で愛を叫んだけもの
 ・Latitude 38゜54' N, Longitude 77゜00' 13" Wランゲルハンス島沖を漂流中



『「悔い改めよ、ハーレクィン!」とチクタクマンはいった』は未読。
他にもSFマガジン掲載だけで未文庫化作品もあるし、エヴァブーム時に凄く文庫化期待したのになぁぁ


世界SF大賞傑作選(ヒューゴー・ウィナーズ) 7 (講談社文庫)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。