スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランスフォーマー EXODUS - エクソダス - #25 ~ #27

のんびりしてたら『Switching Gears』の発売日が近いわ!

先日 PC が突如強制終了したら、IME の辞書登録、予測変換的なものが全部リセットされたん…。
「オプティマス」ってタイプしても普通 IME は分かってくれないことに愕然としたよ。
これ↓がデフォなんだ…。
「晩部ルビー」「アイアンは井戸」「巣プリンがー」「印パ区たー」「公司と楽ティ紺」

タイプして普通にカタカナ変換されたら、それはもうTFに汚染されたIMEです。



■#25
・メガトロンvsセンチネル・プライムの続き
・全方位ぬかりなく糾弾するメガさまの台詞。
 "You think you can make up for all of your precious little Autobot fools who have died protecting an idea not even you believed in?"
 - 貴様が信じた訳でもないことを守りながら死んだ貴様の大切な小さなオートボットの愚か者どもに埋め合わせができると思っているのか?

 プライムも、プライムをたてる構造も、それを支えるオトボも、戦死者にも、全部に唾をはきかけるような台詞でキツイなぁ。
 メガトロンさまの苛烈な態度は時々、ぞっとする。

・タイマン対決描写がアツイ。
 戦いの最後、死に際のセンチネルへ吐き捨てるメガさまの台詞。
 ""Once you were great leader" Megatron said. "But you grew weak. Just as Ceybertron grew weak. I am here to make it strong again.""
 - 「かつて、貴様は偉大な指導者だった」メガトロンは言った。「だが、貴様は弱くなった。セイバートロンが衰えたように。俺がここにいるのは、それを再び力のあるものとするためだ」

 デレやがった…。
 再び力を取り戻すため、っていうのはわりと首尾一貫して出てくる気がします。
 メガさまが知った、栄光の盛りにあったセイバトロン星ってどんな風なのだろう。
 ケイオンの奥底で断片的に手に入る過去を美化して、楽園を想像していたとしか思えないのだけど。
 かつて存在したはずと信じている楽園。知らない楽園。
 おそらくそれは決して現実にならない夢だと思う。ないものに手を伸ばして、泥沼に両足つっこんでる。
 メガさまが欲するものって幻想的。
 栄光のセイバートロン星しかり、オライオンしかり。

・章の最後に貫禄のスタスク病
 "The next Prime would not be Megatron. It would be Starscream."
 超訳:俺様がニューリーダーだ!


■#26
・ブラックアウトさんキター!!
 メガさまは知らなかったみたいで、名前を聞いてました。
・#25 でのスタスク病が王道のおしおき落ち。
 "Megatron hit Starsceram, and hit him again, and again and again and again until Starscream stopped resisting."
 - メガトロンはスタースクリームを何度も何度も何度も、抵抗が止むまで殴った。

 メガさまが膝上にスタスクを寝かせて尻を叩いている図しか想像できないw
 語力がおいつかなくて、ナニをして叱られてるのか理解できませんでした。。
・一応フォロー的なことで、このあとスタスクを評価してるような脅しのようなことも言ってます。
 "You would make a useful example, were I to kill you," Megatron said. "Yet I believe I will keep you alive because you will make a better soldier than example. (後略)"
 ひでぇ訳ですが…
 -「見せしめとして殺す前例を作ることもできるが」メガトロンは言った。「しかし、それよりも生かして軍人とした方がそのような前例を作るよりも有益だろう」
 そうか…そうかな…うん。。
 メガ様は持論を持っている者好きですよね。
 AHMで、サンクラがインセクティコンの件でメガ様に進言したけど不問だったのとか。

■#27
・こういう↓矜持があるから、TFって善悪じゃないから面白いと思うの。
"It was the last things he needed to do to end the war and take control of Ceyberton, in the name of freedom and in the name of Decepticons. Forever."
 - 彼が最後に必要としていたのは、この戦争を終わらせ、セイバートロンを統制することだった。自由の名にかけて、ディセプティコンの名にかけて、永遠に。

 完膚なきまでの完全なる勝利のためかもしれないし、独裁政治のためかもしれないけれど、破滅が目的ではないからメガさま(デ軍)にも共感できると思うの。

・オメガスプリームが覚醒したー!
 初代のイメージからアメコミやEXODUSのおかげでだいぶイメージ変わったよ、オメガ。
 なんだか神々しくなっちゃって…。「状況・最悪!」とか言ってたかわい子ちゃんの影はいずこ。
 どうも、Plasma Energy Chamber がオメガの体内にあるっぽい。
・で、オメガって飛べるんだよね。そこでキタコレ、スタスクの出番だよ。
 メガ様「やって来い。褒美はダークエネルゴンな!」
 スタスク「」
 でも行くスタスク。さっき叱られたばかりだしね。
 なんという飴と鞭。なんという漫才。いいぞ、もっとやれください。



怒涛のデ軍サイド描写から、次はようやくオトボたちがでてくるわーい!
デ軍も好きだけど、オプとジャズも気になるです。_(:3」∠)_


Transformers: Exodus - The Official History of the War for Cybertron
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。