スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポットライト : プロール

ポ リ ス ア ク シ ョ ン と は な ん だ っ た の か。(二度目)
というか Police Action 難解でよくわかんない。

スポットライトは本筋とそんな関係なかったです。
なんだかプロールのこと好きじゃないような感想になったけど、AHM でプロールが輝いてたから TF アメコミ読み出した身としては、全力でプロールさんを眺めていようと思っています。

表紙のプロールが格好いい。雨のシーンっていい。ロボットと雨!
SL_プロール01


ハイパーはしょりあらすじ。(指揮系統のことでモメてるのと、モノローグをバッサリ削除)

■あらすじ
L.A. で警察官の車両(パトカー)として擬態しているプロール。
強盗にあった店の聞き取りにきた警察官の車として、外で駐車していた。(AHM での出来事から)3年経っていた。3年たったが、なにも変わっていない、と一人ごちる。
2年前、廃墟と化した N.Y でプロールとオプティマス。オプティマスはこの惨状をどうしておこさせてしまったのか、と尋ねるが、プロールはさまざまな原因があること、これ以上の惨状を止められたことを重要視した。だが、オプティマスはこれを勝利とはみなさなかった。地球に対価(コスト)を支払わせたので、我々は再建の手助けをしなくてはいけない。そのために、オプティマスはプロールに擬態(ディスガイズ)することを命じた。
プロールは従い、8ヶ月ほどパトカーとして無言のまま過ごし、人間を観察した。そこで学んだことは、彼ら人間は、決してTFたちを忘れないだろう、ということだった。
引き続きパトカー生活を送るプロール。ちょうど目の前でトラブルがおきて、少女が崩れ落ちるビルの下敷きになりそうになる。プロールは擬態をとき、少女を助ける。プロールとパトカーと思って乗っていた警察官は驚くが、プロールが正しいと思うことをとっさにしたということが、警察官自身と同じだと思えた。警察官は(これは事故で)非常事態じゃないし、ということでスカイウォッチを呼ぶのに1時間の余裕をもち、プロールはその間に身を隠した。
その後、オトボたちは西に移動し、そこでまた1年身を隠した。パトカーとして。


今北産業↓
 上司から言われてディスガイズして人間観察
 女の子助けるために正体さらした
 新しいところやり直すぜ

これがバンブルビーだったら、スポットライトにならないな、と思いました まる
『BUMBLUBEE』でビーが少女を助けていたけど、あの説得力が感じられないというか、唐突すぎて。

それもこれも、プロールというキャラクターの勝利。

だってあのLSOTWのプロールさんですよ? カップになにしたプロールさんですよ?
初代見たときは、高い声ののんびりとしたおっちゃん!というイメージだったのに、どうしてこうなった。
N.Y 離れる予定があったから、ついでだったんじゃないですかね…。(酷い)
一応、最後に "I'd risk my own for any one of them." と言いますが、(them = サイバトロニアン&人間)プロールさんは人間やサイバトロニアンとしてノーカンするグループがありそうです。(酷い)
SL_プロール03 この警察官のおっちゃんが良い表情するんだ!

AHM からの時間経過がさっぱりわからないんですが。
3年前に AHM があって、2年前に人間観察を指示されて、8ヶ月は黙って観察して、N.Y. が復興するから基地を移動することが決まって、そのタイミングでプロールが正体をさらして、移動先で1年と今もディスガイズ、つまり今度は1年4ヶ月黙って観察してます、ということ??

プロールの忍耐力がレベルアップしました!パァラパラー!! ということでしょうか。

SL_プロール02 おめでとう。

あと、司令官が自分たちの戦争でぶっ壊した街の再建に責任感を感じるというのは納得いくのですが、『CHOAOS THEORY』でバンブルビーに丸投げして地球出てくとか、相変わらずTF アメコミは issue またぐどころか、出版時系列をさかのぼって笑いのフリとオチを仕込んでくるです。
司令官の "we have to help them rebuild."(キリッ)という台詞は、DOOP を読んだ後ともなると、なんなんだ一体感がするです。(司令官好きです)

なんかロクなこと書いてないですが、批判しているわけじゃないんだ…。
とにかく、このエピソードが唐突すぎて困惑してる。

分かってる…。プロールというキャラクターへの過度な期待があるのは否めない。
酷い言い方をすれば、正義の非寛容さ、正義のゲスさを求めている…。(酷い)


The Transformers 6: Police Action
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。