スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物語 アイルランドの歴史 波多野裕造

正式名称「物語 アイルランドの歴史 欧州連合に賭ける"妖精の国"」
物語アイルランドの歴史




アーサー王物語にこっていた時期に購入
ケルトミュージック好きだし、知っておいて損はないかと

序章、全七章、終章の構成で古代~中世の歴史は第一、第二章だけ
あとはイギリスによく植民地、支配の歴史、ナショナリズムの高揚、独立運動、近代の話
IRAや北アイルランド問題も少々

大半が政治史と宗教紛争史
アイルランドの歴史としては順当なんだろうが、古代~中世を読みたかったので肩透かし

特に近現代の政治史は
IRAくらい超メジャーな問題ですらままならない脳みそでは辛かった
それにしても、ヨーロッパの歴史は宗教紛争をざっくりでも把握していないとついていけない
カトリック、プロテスタント、イギリス国教会。ピューリタン、カルヴァン派。。。

ヒィィィィッ ('A`)

物語アイルランドの歴史―欧州連合に賭ける“妖精の国” (中公新書)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。