スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホビットの冒険 上 J.R.R.トールキン

映画「ホビット」を鑑賞したので、上巻のみ読んだ。
「スマウグの荒らし場」が公開されたら、下巻を読もう。

中つ国に戻ってきましたあああああああああああああああああああ!



思ったより、映画はちゃんと原作に沿ってた。
色々エンタメ映画になるように盛ってはいるが、許容範囲なのではないだろうか。
ラダガストが原作至上主義な方からみると、どう思われるか少し気になります。

映画で目立ったドワーフと原作で記載の多いドワーフが違う気がするのもひっかかった。
13人という多さなので、こればかりは映画みてドワーフの見た目の違いやらを把握しておいたほうが人数の多さを実感できる気がする。
原作では完全に空気なドワーフもいらっしゃるのね。。

映画みて、ボフールかわいいよボフール、になりました。
名前と親戚グループは把握できたけど、まだ顔と名前と血筋関係が把握できていない…。
読書感想にならないわ。

ボンブールさんのお料理レシピ
どれか作ってみたい。鳩とかは無理だけど…。

ホビットの冒険〈上〉 (岩波少年文庫)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あれは

ロードオブザリングより面白かった。

Re: あれは

> ロードオブザリングより面白かった。
しばらく留守にしていて、コメント返信遅くてすみません…!

元が子供向け小説だけあって、直球な楽しさ!というエンタメはホビットの方かなぁ、という気がしますね。
結局2回しか見にいけなかったのが悔やまれます。。
sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。