スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リックの量子世界 ディヴィッド・アンブローズ

F・K・ディックは偉大だな、と思いました。

SFにふれていればディックを思い出さずにはいられないタイトル。
けれどあんなにとっつきにくいこともなく、妻の浮気がなによりの大問題で非常に狭量な男の並行世界モノ。
箸休めみたいな1冊だった…。

リックの量子世界 (創元SF文庫)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。