スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの戦争は何だったのか 保阪 正康

正式名称「あの戦争は何だったのか ――大人のための歴史教科書」
あの戦争は何だったのか




発売当時、新書売り場では平積みで数段置かれるわ、ポップが貼られるわ
お祭り状態で、かなり話題になったのだが・・・
2005/07/20 初版、2005/8/30日で7版だし


オビの塩野七生 氏の推薦文が素晴らしい

「天国への道を知る最良の方法は地獄への道を探求することである、とマキャベリは言ったが、戦後日本人はそのことをしてこなかった。この本はそれを教えてくれる」

たぶん、
本文よりもこのオビの方が良い
全体的に筆が滑っているというか
参考文献がないので、筆者の考えを補完するものだけが状況証拠というか
結論ありきの論調というか
つか、お前は軍部と知り合いだったの?と思うほど心情を類推しているというか
はじめに、あとがき、で書いている本書の目的と内容が違くね?というか

なんだこの本・・・

日本史はさっぱりなんで、その辺りがどーなんかはわからんが、
論調の進め方がいかがなもんかい、と思った
第一章の「軍部」「軍令」「参謀本部」の違いの説明だけためなった

あの戦争は何だったのか―大人のための歴史教科書 (新潮新書)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。