スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

処女少女マンガ家の念力 大原まり子

1987年刊行、大原まり子の初期作品
挿絵が岡崎京子 で、当時はどっちかの方向で最先端いっていたのではなかろうか
処女少女マンガ家の念力





しかし、今読むと古い
面白いのだけど、文体や語り口調といった、地の文章に流行りが見られるので
物語に不変性があっても、読後感に古くさー


未来史シリーズ(1986年)でファンになったのだが、
同時期にこうも毛色の違う作品を書いていたのだな・・・

3年くらい仕事してないし、エイリアン刑事完結編の刊行詐欺(・・・)もあり、
すっかりファンではなくなってしまった。
この方も50歳過ぎたし、もう仕事しないかもな



処女少女マンガ家の念力 (ハヤカワ文庫JA)処女少女マンガ家の念力 (ハヤカワ文庫JA)
(1997/05)
大原 まり子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。