スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰がこまどり殺したの 篠原一

当時、史上最年少(高校在学中)で新人賞とって文学界デビュー。。と言って殴りこみ状態だった作家
デビュー作は「壊音 KAI-ON」
それきり見ないので、一発屋かと思ってwiki を見たら盗作疑惑でてた・・
誰がこまどり殺したの1




発売当時に書店でみかけて、パラっと中身をみて、
面白くなさそうだったのだが、装丁と段組が好みで購入してしまった1冊
本そのものも好きなんで、内容とか二の次の時もある


内容は・・・私は楽しめなかった・・・。買う時から予想してたけど。
今ならネットで創作サイトで探せる小説にありそうな。
イメージと雰囲気先行型の、筆のたつ中学生が書いたかというか・・・
ようするに、
地に足がついていない幻想の世界

現実から遊離した、病棟の中で漂うような輪郭のにじむ世界
好きな人は、傑作にあげるかもしれないが。


誰がこまどり殺したの2

文が横組で、右開き本
表紙をあけると、厚手のトレスペーパーに蛍光水色で印字された書名と作者名と、
シンプルにデザインされた英名の Who killed Cock Robin? が印刷されている。
ハードカバーのさわり心地の良い紙に、同じく蛍光水色で詩が記されている

誰がこまどり殺したの

マザーグースの詩とは違うので創作か?
この詩の1行を各シーンの冒頭にちりばめ、最後に物語と詩が終わる構成

いーよなー
以前はこういうところに手のこんだ本がもっとあった気がするのに、最近見ない
稲垣足穂の『人間人形時代』とか、本の中央に穴開いてるんだぜ!


誰がこまどり殺したの誰がこまどり殺したの
(1996/01)
篠原 一

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。