スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月と六ペンス サマセット・モーム

学生時代、この1冊を読んでモームにハマったのだ。

タイトルが美しいと思ったんだ。

月と六ペンス

始まって40Pくらいは前置きというか、長口上な様子で正直読むのが苦痛。

しかし、話が動き始めるとグッと引き込まれる。



裏表紙のあらすじが秀逸なので引用



「平凡な中年の株屋ストリックランドは、妻子を捨ててパリへ出、芸術的創作欲のために友人の愛妻を奪ったあげく、女を自殺させ、タヒチに逃げる。ここで彼は土地の女と同棲し、宿病と戦いながら人間の魂の根底からゆすぶる壮麗な大壁画を完成させたのち、火を放つ。ゴーギャンの伝記に暗示を得て、芸術にとりつかれた天才の苦悩を描き、人間の通俗性の奥にある不可解性を追求した力作」



ストーリーはまさにコレ↑で全部。

主人公である「僕」の目線での回顧録で話は進む。

一人称視点であるがゆえ、起きた事件も人の内面も、ある一側面でしかなく、

他の登場人物の行いが突飛でついていけない(主人公もついていけない)ことも。



おかげでとかく断片的で、

物語を理解しようと落ち葉を拾うようにエピソードを集め、登場人物の人格を構築しようとする。

そこで現れてくるのが、

僕が反発し嫌悪しつつも、抗えないストリックランドの粗暴さ、ストリックランド自信の懊悩。



他の登場人物はあくまでも添え物ゆえ、潔いまでに情報量が欠けているために、

余計にストリックランドだけが1個人として鮮烈に見えてくる。

見えてくるのに、理解した、理解できるとは思えないほどの妙。

謎がとけないまま事件が閉じるような、あいまいなしこり。



これは構成(魅せ方)の妙だなー。



最後、

残された妻(株屋のころ)と僕とのやり取りが大変に通俗的。

これは短編集Ⅱの「エドワード・バーナードの転落」を思い出した。



モームはおもしろいな!




サマセット・モーム 『月と六ペンス』 新潮文庫


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。