スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吟遊詩人トーマス エレン・カシュナー

吟遊詩人トーマス
1991年の世界幻想文学大賞 受賞作。

世相によってこの手の受賞作は毛色が変わるが、そこは幻想文学。ブレないぜ



映画で言えば、ロードオブザリング から始まった(と思っている)剣と魔法のアクションRPGでもない

ハリーポッター のような幼児の冒険、成長譚でもない

書籍でいえば、指輪物語 のようなリアルさや年表が必要な現実感を描いたストーリーではない

ラノベのような(読まないけど)少年少女の地に足つかない描写ではない




超ド級古典ファンタジー

さして問題が起こらない、登場人物が少ない、舞台劇のような、バラッドのような、

不思議な静けさがある、幼稚性を純粋さとして持ったまま大人になった人々の物語

FTは子供のもの、と思われているふしがあるが、完全に大人向け

トーマスったらエルフランドで7年も女王の愛人やってます(そういう話ではない)



とにかく今時めずらしい。

D&D 、Wiz 、ドラクエ をファンタジーとして認識している人は、

これは寓話、民話、お伽噺であって、FTとは思わないかもしれない。



でも、これをファンタジーと、幻想的と、超自然的な物語としないで、なんと呼ぶのか



読んで面白い!と万人受けする小説ではないかもしれない

でも、本来 Fantastic とはなんであったかを知る、とても良い1冊



エレン・カシュナー 『吟遊詩人トーマス』 ハヤカワ文庫
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。