スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チップス先生さようなら ヒルトン

死刑(人為的な死) 、自殺(自発的な死) 、と来たら最後は平和に〆たい

老衰(自然な死)、で本作をチョイス

チップス先生さようなら


どんな学校にも一人くらいは、生徒に人気のある先生の中に主(ぬし)的存在がいたと思うが、

その先生がどんなにチップスほどは良い教師ではなくとも、

自分の小学、中学、高校生時代を思い出すには十分



甘酸っぱいような、ほろ苦いような、不思議な感情

学生時代がこんなにも遠くに感じる日がくるとは思わなんだ。

昔、CMのキャッチコピーで「恋は遠い日の花火ではない」というのがあったが、

10代までの学生時代は、遥かに遠く夢の日の花火



思い出は美化される分、余計に



この本、最後に必ず泣いてしまう




ヒルトン 『チップス先生さようなら』 新潮文庫
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。