スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な少年 マーク・トウェイン

日本では「トム・ソーヤの冒険」「ハックルベリ・フィンの冒険」で著名な作家、マーク・トウェイン
例によって著名な上記2冊は未読

不思議な少年

図書館で借りて面白かったーと思っていた。

解説で改稿を重ね、幾パターンの原稿があると書かれていたが…



1994年に、この本は実は編集者により前後を書き加えられたもので、正式版と銘うって

『不思議な少年 第44号』が発売。

ことの顛末はwiki参照



結局それも正式版でもなかった訳だが、こちらが絶版になるかと思って購入

結局絶版にならなかったが。



内容は暗く、人間不信に満ち、幸せとは無知とし、人間の生命や尊厳を尊ぶことを悉く否定する。

途中、ラプラスの悪魔 的運命論も展開し、創造性や可能性さえも足蹴にする

神/支配者/政治家/雇い主に従属する精神(日本なら忠誠心というか)も嘲笑し、

最後はこの世の全てを夢、孤独の中にそうと知らずにただある、流浪の思惟と看破する。



傑作、と呼んでもよいのでは。

これだけ暗いのに、ストーリーは弾むように進むので、読みやすいから

ちょっとアレな気分になりたい時にはお勧めできる。




岩波文庫表紙の文言を抜粋

オーストリアの田舎に3人の少年がいた。ある日忽然と現れた美少年の巧みな語り口にのせられて3人は不思議な世界へ入りこむ。その美少年、名はサタンといった――。トウェイン(1835-1910)はアメリカの楽天主義を代表する作家だといわれているが、この作品は彼の全く別の一面、暗い人間不信とペシミズムに彩られ、奇妙に人を惹きつける。


マーク・トウェイン 『不思議な少年』 岩波文庫
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleごあいさつsidetitle
書いている人:せんちょう
こんな僻地にようこそです。

ここはチラシの裏。
英語読解は好きの気持ちだけで誤訳誤解ドント来い。
TF はお笑い方向に感想備忘録。

sidetitle記事リストsidetitle
最新の記事
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。